About Care症例報告

その他症例報告

その他症例報告についてご案内します。

口腔ケアにおいての一幕

昼食後に80代男性がトイレに行かれた。職員が口腔ケアに入る前に、トイレに行かれたと思っていたら、洗面所で手洗い洗剤を付けて歯磨きをしていた。直ぐに職員が気が付き、うがいをして事なきを得たが、職員びっくりして慌てた行為が、利用者様を慌てさせてしまい不穏にさせてしまいました。どんな状況であれ、声掛けはゆっくりとすることが大切だと学びました。それからは、洗面所の手洗い洗剤は大きく「手洗い」とマジックで書きました。
現在はコロナウイルス感染予防のため、洗面所に手洗い洗剤と消毒液が置いてありますが、職員の見守りの中で手洗いを行い、又定期的に職員が椅子の肘掛け、手すり、トイレ内を消毒しています。
各家庭でも消毒される事が多いと思います。間違って口に入れない様に置き場所を注意したいですね。入れ歯洗浄剤も同じく注意したいですね。

アルツハイマー型認知症

80代半ばの女性。3年前にアルツハイマー型認知症と診断された。夫と二人暮し。近くに長女家族が住み、定期的に訪問し面倒を見ている。
台所仕事や洗濯物をたたんだりする事も、段々分からなくなりボーとしていることが増えてきたとのこと。家族は認知症だから出来ないからやらせない、家族がやった方が早い、そうすればイライラしないと思っているが、本人の意欲の低下は気になるとのこと。
どうせ分からないからと決めつけるのではなく、一つひとつ声掛けしたら洗濯たたみや、味噌汁作りも出来る人が多くいます。
時間を作り、声掛けしながら行ってみると、本人の意欲の向上にもつながりますし、それが認知症の予防にも繋がっていくと思います。

70代半ばの女性

夫と2人暮らしで3年前にアルツハイマー型認知症と診断。
夫から食事は好き嫌いが多く少食で、野菜は食べないので困る。どうしたら良いのかと相談されたケースです。
デイサービスに通い始めた当初は、昼食はご飯を一口程度、副食も少し召し上がる程度。声掛けをさせて頂いても、もうお腹いっぱいと言うのみで水分も取れていませんでした。
甘いおやつは召し上がることが出来るので、嚥下に問題はないと予想されましたので、以下の内容に問題がないか、考えてみました。
お腹がすいていることが解らなくなったのか?
口に入れる事を忘れてしまったのか?
下のみ歯があり、上には入れ歯が入っていないから、噛む事が困難なのか?

何回か様子をみて、〇〇様と会話をして素麺なら食べられる様子だと思い、夫に確認してから素麺をお出しするとスルスルと全部召し上がり、副食も半分召しあがる事が出来ました。
今日は沢山召し上がって下さり嬉しいと話すと、笑顔を返して下さいました。
食事の席なども気を付けて、食べる事は楽しくて、嬉しい事だと思ってもらうことで、食事量を増やすことができました。
その方の昔好きだった食べ物や、好みを聞き出し、いろいろと試してみることが大切だと思います。

鏡に話しかけてるおばあちゃん

80代女性で、息子夫婦と3人暮らし。
デイサービスには週3回利用されていました。
お嫁さんから「お婆ちゃんが鏡に向い真剣な顔つきで話してる。気味が悪いし認知症が進んだのかしら」と相談されました。
鏡に普通に話し掛けている時には見守りをし、怒り出した時には優しく「お婆ちゃん、そろそろご飯ですよ」などと優しく笑顔で声掛けをするようにアドバイスをさせてもらいました。
決して鏡に話し掛けている時に、「鏡に誰もいないよ」「気持ち悪い」など批判的な事は言わず、最初のうちは気になっても少し離れた所から見守りをして、様子が変だなと感じた時には、「お婆ちゃん、おやつを食べましょう」と優しく声を掛けてあげて下さい。
受診時こんな事が有りましたと医師に相談してもらうことも大切だと思います。

お金が消えた

90代女性(Aさん)で息子夫婦との3人暮らし。
5年前から手元のお金が早く無くなり始め、息子様にお金が無いと訴える事が多くなってきた。
自分で欲しい物は買い物に行っていたので、何か必要な物を購入していると思い、息子様はお金を渡していた。同じ頃、病院に行く日に保険証や診察券なども無いと言い、探すことも多くなった。
その為、息子様が1つのバックに大事な物を入れ、壁に掛けて置いていくようにしたが、気がついたら無くなってしまう事が増えた。
どこに置いたか、どこにしまったと聞いても、自分は知らないし、息子の嫁がどこかに持って行ったと言い喧嘩になってしまいます。
大切な物は誰にも分からないないように、自分だけが分かるようにしまうつもりが、直ぐに忘れてしまう。何を置いたかも忘れて「困った、あれはどこだった」と毎日の様に探す行為が出てきてしまいました。

そこで、Aさんは息子夫婦を困らそうとしたわけではないし、少しでもしっかりして、家族に迷惑は掛けたくないと常に思っていると話していることを伝え、物を無くしたという訴えがあった時は、一緒に探すようにアドバイスしました。
後日、Aさんに息子様が一緒に保険証を探そうと声を掛け、タンスの中を上から開けタオルの間から見つける事ができました。また、畳んである袖の中からお金も見つかりました。
物を無くすという行為自体は続きましたが、本人様が安心して過ごすことができるようになったことで、家族の方も安心して過ごせるよになりました。
決して焦らずに、本人のペースに合わせて寄り添うことが大切だと感じたケースです。

やさしくなりたい

80代女性。
夫と娘と住んでいる。
週4日間デイサービスを利用しているが、デイサービス利用日に急に頭が痛いからお休みすると言い出したり、又行くと言ったり、ころころ意見が変わりことに対して、家族が大声で怒ってしまうとのこと。怒る事は駄目だとわかってはいるけど、優しく出来ないのでどうすればいいかと、相談を受けたケースです。
私からは、デイサービスの支度だけして離れて下さい。迎えに行った職員に任せてみてはどうでしょうと提案させてもらいました。
職員は明るく笑顔で〇〇さんおはようございます!お迎えに来ました!と笑顔で対応。手を握ったりして安心して頂き、では行きましょと笑顔で対応しました。家族の方も職員に任せることで、関わりの中でのイライラすることが減ったとのことです。
ご家族の方は、思うような対応ができないと、ついイライラしたり、カッとなる事も多くあると思います。それは、私も含めてどの家族でもあることです。感情のコントロールが難しい時は職員を頼って下さい。一人で悩まないでください。

アルツハイマー型認知症のお客様の対応

80代の女性でアルツハイマー型認知症で夫と息子との3人暮らし。
近くに娘さんが住んでおり時々お手伝いに来ている。
自宅内に居ても、帰らなくちゃとウロウロする。ここが家でしょと言っても落ち着かない、どうしたら良いか?と家族から相談を受けたケースです。
デイ利用中も落ち着かない様子があり、目を合わせてお話ししても落ち着かない時に、利用者様の横に並び体を近づけ、手を軽く触れ同じ方向を向き、季節の花を見てはあれは綺麗だけど、何と言う花かな?など利用者様が、好きだった事などをゆっくりとお話しされると落ち着かれました。
前ではなく、横並びで体を寄せることで相手が安心されると思います。

声の掛け方

77歳男性で妻と2人暮らし。アルツハイマー型認知症のA様のケースです。

A様は転倒リスクもあるため、新人の職員のBさんは監視をするかのように見守りをしてしまっていました。例えば、何か気になる事があってキッチンの近くに行ったと思いますが、職員は一人で行ってしまったことに慌てて、「何してるの!」と大声で叫んだり、コンセントを触っていると、「壊さないで」と、A様を見ると批判的な事ばかり言ってしまっていました。
ある時、A様とお話ができました。A様から(あのB職員は嫌いだ!俺は何にもしないのに、キッチンの中を覗いていただけなのに、怒鳴るんだ。大嫌いだと話してくれました。
介護に慣れていないB職員には、いくら転倒の心配があったとしても、利用者様に理由も聞かず怒った言葉掛けは言わない。気になる行動があれば、お水が飲みたかった?お昼ご飯が気になりますね?などと優しく声を掛けてもらうように指導しました。
するとA様の行動も落ち着ついてきました。

認知症や転倒リスクのある方に対して、私たちも危険を減らす為に、行動制限をするような言動を取ることがあると思います。しかし、認知症の方も怒られているか褒められているかはもちろん解ります。
職員も家族の方も、本人が何をしたいのかをよく見極め、声かけをしていきましょう!

ご近所づきあいの大切さ

80代女性で独居、アルツハイマー型認知症と診断。
娘さんが、仕事帰りに様子を見に行っていた時に、近所の方から外に出掛ける洋服がおかしい、コンビニに買い物に行き持参したお金以上の商品をカゴに入れ、注意されているのを何回もみていると言われ、びっくりされたとのことです。定期的にお金を渡していたので、自分で買い物に行き、食べたい物を買って問題なく生活できていると、娘さんは思っていました。
ケアマネジャーさんに相談した所、自宅で一人で過ごすよりも、デイサービスを利用する方が良いと言われ利用が開始となりました。しかし、デイサービスに来た途端「私帰ります。こんなとこに来ている暇はありませんから帰ります。」と言われ、デイルー厶内をウロウロ歩く行動が見られました。自宅でお風呂に入れていない為、体臭が強く、髪の毛も長く、洗髪もされてない状態でした。そこで、お風呂にお誘いすると、家で毎日入っているからと拒否がありました。拒否があった後のお誘いの仕方ですが、お孫さんの〇〇ちゃんが、おばあちゃんに会いたいと言っていますよ。と事前情報を使いながらお誘いした所、「じゃぁ入るわ」と気持ち良く入られ、全身さっぱりされた様子でした。
真夏なのにセーターを着込んだり、真冬なのに薄着で素足だったのを近所の方が(何だかおかしいぞ)と見て娘さんにお話しされたので、早い段階で認知に気付くことができたケースです。
デイの利用は、場に慣れてもらうために、しばらくの間入浴と昼食の提供という半日対応を行いました。
ご家族が気が付かないことも、ご近所さんがこれは変だぞと思い、声を掛けてもらえる近所付き合いは大切ですね。

役割をもつ

今回はアルツハイマー型認知症と診断された方に役割を持って頂いた事例です。
80代後半の男性で、病院関係のお仕事をされていた方です。デイサービスの利用を家族やケアマネジャーさんが勧めましたが、自分はしっかりしてるから、そんな所に行く必要はないと拒否が続いていました。ある時、デイサービス利用中に、他の利用者様で血圧が高めの方がいました。職員が再検をしていたら、その方が真剣な顔で「どう。私が診ます。」と血圧計を使い、血圧の測定を始めました(もちろん、デイサービスの看護師がそばにいて見守りを行った状況下です)血圧を測り終えると、「血圧は大丈夫ですよ」と利用者様に優しく話されました。
それからは、体調が悪い方がいると、「どう。私が診ます。」と言って、心配してくださるようになりました。デイサービスを利用され役割を持つことで、生きがいや、生活の中での張り合いが生まれたようです。他の利用者様から相談されることが嬉しいようで、毎日行かなければと言われるようにまでなりました。役割がある事が良いですね。

本人の自尊心を傷つけない

90代の女性で息子、孫夫婦と住んでいるケースです。
基礎疾患は、アルツハイマー型認知症と高血圧症。家族より、お婆さんが失禁した紙パンツをなかなか交換してくれない、どうすればいいのか?と相談が有りました。失禁したリハビリパンツを外の竿に干したり、家族が注意すると干せば乾くし又使えると答え、もったいないよと怒ったように言うそうです。また、衣類やパンツの交換をしないからという理由で、デイに行く日は朝から喧嘩になってしまうとのこと。
そこで、デイに来る日は入浴も有りますので、入浴後に着替えますから、無理に着替える事はないと伝えました。

特に、大正や昭和初期の生まれの方は、物を大切にする傾向があります。ですから、本来使い捨てのリハビリパンツも捨てるのがもったいないと思う方はいます。乾かせばまだはける、少し濡れてもまだまだはけると思う方が多くいます。お婆さんのお部屋に、ただリハビリパンツを置いてもなかなか着替える事は困難だと思います。今日は天気も良いから着替えて洗濯しない?などと、イライラしないで交換できたら良いですね。
定期的にデイサービスを利用している方であれば、入浴時に交換をお願いするのも良い方法だと思います。お風呂に入り、さっぱりとして気持ちが良いことはしっかり分かっていますので、拒否されることは少ないです。
干したリハビリパンツは、ご本人がいない時に片付けて、乾いたからここに置いて置くねと、新しいリハビリパンツを置いておくのも良いと思います。本人の自尊心を傷つけないようにする配慮が大切だと思います。

まずは同調してあげること

80代女性、アルツハイマー型認知症と診断され3年目。娘様と住んでいる方の事例を紹介します。

家に居る時に家族が、機嫌良く話し掛けるが怒り出したり、時に物を投げてきたりするが、デイサービスに迷惑かける事は有りませんか?と相談がありました。デイサービス利用中は常に、お手伝いない?何かする事ない?じっとしているのが嫌なの、何でもやらせてと言われ、お手伝いやリハビリ、レクリエーションにも積極的に参加され、他の利用者様にも優しく、怒ることはなく穏やかな方です。認知症のため、同じ話を繰り返すことは多くありましたが、問題行動に繋がることはありませんでした。
デイサービスから帰ってくると、何で私がデイサービスに行かなければいけないの?家でやる事が沢山あるのに、もう行かないと物を投げ、怒り出してしまうそうです。そういった場合、御本人がもう行かないと言ったら、「そうだね、もう行かないで良いよ、家に居ようね」と、本人が言った事を繰り返して話してみてください。認知症の方は、否定されることで、気持ちが余計に不安定になり、認知症の症状を強くする恐れがありますので、まずは同調してあげることが大切です。
「デイサービスに行かないと困る」など家族の気持ちを押し付けすぎるとかえって外に出る機会を失う可能性があります。気持ちが落ち着いている時に、デイサービスに行って楽しかったことなどを話してもらえると良いと思います。
今回のケースの方は、その後休まずにデイサービスを利用されてます。

どうしたら失敗せず、トイレで排泄が出来るか

80代女性でアルツハイマー型認知症と診断。
自宅ではお一人で排泄が上手くできず、リハビリパンツを一日に2〜3回交換していると聞く。どうしたら失敗せず、トイレで排泄が出来るかと相談を受けたケースです。

まずデイサービスでは、1時間に1回声掛け誘導をしました。具体的には、声掛けしズボンのカギホックを外し、ズボン、リハビリパンツを下げるお手伝い、便座に座る行為をゆっくり一つひとつ声掛けやジェスチャーで行い、リハビリパンツが汚れていないかを確認し、排泄を促します。
その時、急がせないようにすることが、ポイントです。排尿があると御本人様も自覚があり、出たねと嬉しそうな顔をされます。ウォシュレットで洗い、ペーパーを渡しここ拭いてとジェスチャーで指示、次はパンツを上げて、次はズボンを上げてと声掛けをすることで、ほとんどご自身で行えます。カギホックはお手伝いさせてもらいました。
ご家族の方に、ズボンは少し緩めでゴムのズボンだと良いのではとお話しさせて頂きました。尿意がなくても時間でトイレ誘導し、排泄があれば気持ち良いと思います。
ズボンのホックがうまく外せず、間に合わなくて失敗してしまう方が多く見られます。履きやすいズボンだと、自立排泄につながりやすいと思います。常に清潔にして尿路感染症にならないように気を付けましょう。

行動には意味がある

80代後半の女性でアルツハイマー型認知症の事例です。
早朝に交番から連絡があったり、近所の方が帰り方が分からなくなったところを助けて連れて来てくれたりすることが多く、家から出掛けた事が分かるにはどうしたら良いかと相談を受けました。転倒して、顔から血を流している事もあり家族も心配が絶えない様子でした。

デイに見えた時に、朝早くに何処に出掛けていました?と聞くと、あそこで集まりがあると聞いたからと答えられました。本人の中で、目的があるから出掛けたんですね。数ヶ月前には自分で行けたし、戻って来れたそうですから。

まず家族が寝ている間は出て行かない様に、玄関の鍵を上の方に追加で付けて様子を見ると、玄関でガチャガチャと開けようとする行為が続きました。娘さんは朝食の時間を少し早めにし、一人でいる時間を短くし、後はデイサービスで早めにお迎えに行くようにしました。

家族の方は、本人が一人でいる時間を短くし、外に出たい理由をきちんと聞いてあげる。デイサービスでは、日中の活動量を増やすことで、早朝の徘徊と言われる行動が改善されたケースです。徘徊というと、意味が分からず勝手に外へ出て行ってしまうイメージがありますが、行動には意味があることが多いです。まずは、本人の行動に寄り添うことが大切かと思います。

浴槽に入るのが怖い

70代後半の女性。夫と2人暮らしで、アルツハイマー型認知症と診断。
浴槽に入る事が理解出来なくて困ると相談があったケースです。衣類の着脱、身体や頭のシャンプーは声掛けとジェスチャーにより何とか行えるが、浴槽に入るには怖いと訴えがありました。

そこで、まずは、浴槽に並行に椅子を置いて、片足ずつ浴槽内に入る方法を選択。まずは、職員と向き合い、片手は手すり、もう片手は職員につかまり、一つひとつ手順を踏んで行っていきました。

実際に行うと、怖いと言う言葉はなく安心して入る事ができ、浴槽内に座りリラックスしてもらうことができました。職員は湯船の中の利用者様とにこやかに顔を見て童謡を歌い、安心感を持ってもらえるように心がけました。お風呂は滑りやすく、恐怖心を持つ方も多いです。ゆっくりと一つひとつの手順を確認しながら行うと良いと思います。

まずは不安な気持ちに寄り添う

80代女性でアルツハイマー型認知症と診断。
自宅で同じ事を何回も何回も聞いてくるので、家族から怒れてしまう。この様な方のケースを紹介します。
デイサービスでも同様に、同じ話を何回もされます。
「バック忘れたかな?」
「玄関の鍵しめたかな?」
「明日は来る?」
その場で急に気になることを何回を何回も聞かれるこで、ずっと一緒にいる家族の方は大変だと思います。私たちはその都度、玄関の鍵は職員と確認しましたよ。持ち物はここに有りますよ。次はいつ来る?という質問に対しては、今日が月曜日なので、次は水曜日ですよ。と、丁寧に答えるようにします。気持ちが不安な時に、同じ事を何度も聞くことが多いですから、まずは不安な気持ちに寄り添うように関わってもらうと良いと思います。

まずは不安な気持ちに寄り添う

80代の女性。アルツハイマー型認知症と診断され服薬で様子を見ていたが、天井に虫がいる、食事の中に何か入っているなどと訴える事が多いと相談されたケースです。
デイサービスでも、朝お出しするお茶に何か入っているから嫌だと言うことが多くある為、目の前で同席者の方たちの分も一緒に入れ、好きなお茶を取って頂くようにすると納得され飲んで下さいます。
自宅ではご本人様が、何々が見えるから怖いと訴えがある時には、怖いよね、嫌だよねと共感する対応が大切です。決して、「そんなのいないよ!見えないよ!」と否定はしないでください。
この方は、当初アルツハイマー型認知症と診断されていましたが、途中からレビー小体性認知症と診断され、服薬を変更する事で症状が落ち着いてきました。服薬もとても大切になりますので、あった出来事を主治医の先生にこまめに相談することも大切です。

リハビリパンツのご相談

80代女性、娘様夫婦と暮らしている。2年前にアルツハイマー型認知症と診断された方のケースです。
最近、尿失禁が多くなり、リハビリパンツから尿が漏れてしまい、ズボンまで濡れる事が多くなっているとのこと。今使用しているリハビリパンツを、もっと厚手のものに変えた方が良いか相談されました。
デイではご本人様がトイレに行った時間の確認と、行かれてない時間には声掛けをしていますので、今使用されているリハビリパンツで漏れることはありませんでした。
尿量が多く吸収できるリハビリパンツですと、濡れたという感覚が伝わり難いため、まだ大丈夫だからとトイレに行かなく不潔になることもあります。パットを付ける方法も有りますが、自宅では流してしまう事があるので注意が必要です。まずは、食事の前、お風呂の前など、移動するタイミングでトイレにお誘いすると良いかと思います。
まずは、トイレで排泄すると気持ちが良いということを感じてもらえるようにしていきましょう。