MESSAGEメッセージ

月田大三Daizo Tsukita

介護支援専門員
柔道整復師
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
福祉住環境コーディネーター2級
静岡医療学園専門学校リハビリコース 講師
日本在宅ケア推進協会 役員

介護の道へと進んだのは祖母がきっかけ多くの方に支えられて、大きな自信がつきました

足が不自由だった祖母を治したいという思いから、自然と介護の道に進みました。
大学で経営学を学んだ後、静岡医療学園専門学校に入学。
昼は先生の経営する接骨院で学びながら夜、学校へ。
何でも相談できる先生方に支えられ、資格取得の勉強はもちろん、医療人としての感覚も学生時代に学びました。
また、グループでの勉強会や先生方の指導のおかげで、卒業時には県柔道整復師会会長賞を受賞でき、大きな自信につながりました。
卒業後は、静岡市内葵区の浜本整形外科で、外来リハビリと通所リハビリの勉強をさせて頂き、平成23年9月にリハビリを中心としたデイサービスを開業しました。

日常にありがとうが生まれる職場介護のイメージを変えるのが私の務めです

世の中に必要ではない仕事はないと思いますが、介護の仕事は、直接利用者様や家族の方から「ありがとう」と言ってもらえる素晴らしい仕事です。
時には家族の方から涙ながらにお礼を言われることもあり、自分自身が成長させられます。
介護は大変だ、というイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思いますが、介護の業界も徐々に変わりつつあります。
私自身、まだまだ若い経営者ですが、若いからこその発想で、今までの暗い介護のイメージを変えていきたいと考えていますし、これから入社されるには、この業界を一緒に盛り上げていってもらいたいと思います。

自由の介護の創出介護が大好きなスタッフを100人育成するのが目標です

「介護って面白い」と心から思える職員を100人育成することを目指しています。
せっかく、介護に興味を持ちこの業界に入ってくれたのに、介護が嫌いになって去っていく人たちを沢山見てきました。
私は、介護はもっと自由でいいと思っています。
だって、一人ひとりの正解は違うし、日々状態が変化する中で正解も違ってきます。
だからこそ私たちは、周りの人たちと意見を出し合い、最良の方法を考えていくのです。
もちろん危険な事に対しては意見する時もありますが、職員全員が真剣にその方を思い行動している事ですから、それぞれの人の意見を大切にしています。